SAKTO 相場五則                 

(一) 相場の急所が見えるまで待つ。

相場上の利益のすべてが、自分のものになるわけではない。

  射幸心に駆られず、銘柄と波動を選択し、自分に合う場合のみ

  出動すればいい。

 (二) 相場は「値幅」も「期間」も予想以上に大きく動く

ことを覚悟しておく。  

相場は「値幅」も「期間」も、自分の予想以上に大きくなることが度々ある。

  従って「利」は徹底して伸ばし、「損切り」は素早くする。

  (「損切り」を悔やむことはない。次のチャンスに備えるのだから。) 

(三) 資金配分を常に心掛ける。

  当初の投入金額は、原資の1/3を目安にし、順調なときでも2/3を超えない。

  相場は良きにつけ、悪しきにつけ、将来起り得る事態のすべてを、

  事前に予測・把握しておくことは難しい。だから、常に準備金を用意しておく。

(四) 相場観と売買仕法は別次元のものであると心得る。  

相場巧者になるのが目的ではなく、資産を増やすことを目指す。

  相場観の誤ちは速やかに認める。従って

  @     追証が発生したら、当日、もしくは翌日仕切る。複数建玉している場合は

 単一ごとに対処する。

A『難平』(ナンピン) は極力避ける。

B『両建』 (リョウダテ)は厳禁。

 (五)『 休む』のも相場。  

一つの取引が終了したら休む。結果の損得にかかわらず、

  それが心から消え、次の取引に影響を及ぼさないようになるまで休む。

  心のありようは大切だ、動は静を求め、静は動を産む。